So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
テレビ・映画 ブログトップ
前の10件 | -

映画「ちはやふる 結び」 [テレビ・映画]

3月24日(土)に、映画「ちはやふる 結び」を観てきました。

ちはやふるは、原作少女漫画の競技かるたの物語。
ボクは、原作、全巻持っています。
絵がもろ少女マンガでとっつきにくいのですが、内容はかるたとは言え、スポーツ漫画のノリの漫画なので、男性でも楽しめます。

2年前に上映した「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」も、映画館で観ました。
その時の感想は、次の記事に書いてあります。
興味があれば、読んでみてください。
【関連記事:映画「ちはやふる 上の句」2016.04.05】
【関連記事:映画「ちはやふる 下の句」2016.05.05】

以前の感想は「上の句」100点 「下の句」60点 でした。
そして今回の「結び」は、100点でした。
面白かったよお~、青春映画という感じだよ。

前作は高校1年のときの話しで、今回は高校3年のときの話しです。
話しの主題は、名人・クイーン戦ではなく、高校選手権の団体戦です。
ですから、千早VS詩暢 はありませんよ。

前作の公開が2年前でしたので、映画の中も実際も、時間は同じく2年経過してます。
出演者たちも、ちょうど2年成長したわけですが、ふっくらした人が多い気がしました。
特に「机君」の顔は、「肉まん君」よりふっくらしていました。(笑)

話しの内容としては、千早より太一が主人公のような気がしました。
周防名人も、原作よりも見どころも多いし、饒舌ですよ。
原作よりも、もっといい人です。

オリジナルキャラとして、新の後輩で、準クイーンの女の子がでてきます。
割といい味出してました。
このオリジナルキャラもそうですが、原作と違うところ、いろいろありましたが、原作の世界感を壊すことなく、上手く編集されたと思います。
同じセリフでも、原作と違う人が話している、キャラは同じでも、性格は別のキャラを持ってきているなど、いろいろありますが、まあそれも含めていい仕上がりです。
これ、最後にもう1回続編作れます。
見どころの少なかった詩暢クイーンのスピンオフを作ってもいいくらい。

競技カルタを知らなくても、青春映画として観られます。
高校生のときに、自分自身ももっと青春を賭ければよかったと思う、作品です。
みなさんも、ぜひご覧くださいな。



タグ:映画
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

映画「祈りの幕が下りる時」 [テレビ・映画]

2月10日(土)に、映画「祈りの幕が下りる時」を観てきました。

東野圭吾原作の推理小説で、刑事加賀恭一郎シリーズの第10作です。
原作は未読で、映画を観に行きました。
映画の煽り文句に「シリーズついに完結」とあったので、加賀恭一郎が殉職とか退職とかを想定していましたが、違ってました。
映画を見終わった結果を報告しますと、加賀恭一郎シリーズが完結ではなく、加賀恭一郎の日本橋署勤務が終わりという意味らしいです。
なんだかなあ。
ミスリード見え見えな煽り文句。

TBSでやっていた、阿部寛主演の新参者シリーズは、
「新参者」「赤い指」「麒麟の翼」「眠りの森」
4作ありますが、別に日本橋署に勤務しているときの話しとは限らない。
なにが「シリーズ遂に完結」なんだといいたい。
東野圭吾×阿部寛という作品で、こんなミスリードをしなければ、観客動員できないのかな。
作品に自信をもって欲しいものです。

映画を観た感想は、重い。
ストーリーが重い。
作品としては面白いんですが、事件が解決されても、スッキリはしませんね。
加賀刑事の活躍も少ないです。
加賀刑事の推理の見どころは、加賀刑事と犯人の関係性を見抜いたところぐらい。
後半の謎ときは、犯人の語りと回想シーンで、加賀刑事の活躍ではないな。



タグ:映画
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:競馬

映画「関ヶ原」 [テレビ・映画]

ご無沙汰してます。
久しぶりの更新です。
映画「関ヶ原」を9月2日(土)に観てきました。

感想です。
可もなく不可もなくという感じでした。
司馬遼太郎の原作も読んだことがあるのですが、これを2時間半でまとめるのに無理があります。
そのわりには、上手くまとまっていたと思います。
質のいいダイジェストという感じですねえ。
ただ、どれか1点に絞って描いてもよかったかなと思う。

配役としては、平岳大の島左近は思ったより好演。
徳川家康を演じた役所広司は怪演すぎて、イマイチでした。
役所広司は島左近を演じた方がよかったな。

有村架純は、かわいい。
しかし、エピソードてんこ盛りのこの映画の中で、有村架純のエピソードを敢えて入れる必要があったのかどうか疑問。
前半は意味があったと思うが、後半は彼女が何をしているかよくわかりませんでしたね。

主演の岡田准一は、黒田官兵衛に見えた。
悪かないんだけどね。
可もなく不可もなくという評価に落ち着いてしまう。



タグ:映画
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

映画三題 (3月のライオン 後編) [テレビ・映画]

この春、映画を3つ観ましたので、紹介します。
三題目、観たのは羽海野チカの人気漫画の映画化「3月のライオン 後編」
4月29日(土)、映画を観てきました。

後編は、話しが詰め込み過ぎの感じはしましたが、面白かったです。
前編よりも人間模様中心でしたが、将棋の戦いも描かれていて、楽しめました。
最後のシーンは、山形県山形市の立石寺でした。
立石寺は、2014年に旅行で行きました。
【関連記事:南東北地方への旅04【山形市 立石寺編】 2014.10.07】
詳しくは、ブログを参照してみてください。

最後の、主人公がお堂まで上がって行くシーンは、趣きがありました。
実際には、石段で千段ありますので、着物を着て、草履で上がって行くのは、かなり慣れていないと、ゼエゼエで、映画のように涼しい顔はしていられないと思います。(笑)
対局のシーンの板の間は、セットだと思われます。
ただし、あの景色は本物です。
山形県に行かれたら、立石寺に立ち寄るのをお勧めします。

2014年に行った際にブログで紹介した写真を貼っておきます。
yamadera01.JPG

yamadera04.JPG

yamadera06.JPG
話しがズレて行きましたが、3月のライオン 後編も面白かったです。
興行成績は前編も後編も振るわないようですが、楽しめましたよ。
みなさんにもお勧めしますよ。



タグ:映画
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

映画三題 (3月のライオン 前編) [テレビ・映画]

この春、映画を3つ観ましたので、紹介します。
前回に続いて二題目、観たのは羽海野チカの人気漫画の映画化「3月のライオン 前編」
4月15日(土)、映画を観てきました。

幼い頃に家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士が、ふとしたキッカケで出会った3姉妹との交流を軸に将棋の世界を描いた作品。
ボクは原作の漫画は1巻を読んだ程度で、ほとんど話しを知りません。
そんな状況で見に行きました。

感想です~。
面白かったです。
原作知らなくても楽しめました。
子どもの頃のエピソードも、上手く回想シーンいれるなどして、わかるようにしてました。
もう少し人間模様が中心の暗い話しかと思いましたが、将棋の戦い中心でした。
とは言っても、将棋の知識は無くても楽しめます。

有村架純のファンでしたが、演じているのが嫌な役で、嫌いになるほどの好演です。
一方、3姉妹長女の倉科カナは、ファンになろうかなと思うほどほんわかな演技でした。
後編も期待できます。



タグ:映画
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

映画三題 (相棒 劇場版IV) [テレビ・映画]

この春、映画を3つ観ましたので、紹介します。
今回はまず一題目、観たのは「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」
3月18日(土)、映画を観てきました。

先日、小倉に遠征したときに、ロケ地を見てきたので、それがどのような使われ方をしているのか楽しみに観てきました。
それに、この劇場版IVは、「相棒-劇場版-」シリーズ(全4作品)としても最高のオープニング興収成績を記録したらしいです。
それでさらに期待を持って観て来ました。

感想です~。
ネタバレもあります。
劇場版として最高かと言われると、そうでもないな。
前作よりは面白かったです。
ボクは「相棒-劇場版-」シリーズの中では、最初の作品が1番だと思っていますので、それを超えてはいないというのが感想です。

そして、相棒って「テロの話し好きだな」というのが、感想です。
劇場版とかスペシャル版で、何回もテロの話しがでてきている気がします。
内容的には、エロミスの帝王、大活躍。
犯人に狙われて、助かった人間はあやしい。
小倉にまた行きたくなりました。
こんなところでしょうかね。

映画の舞台は、銀座のパレードなんですが、実際のロケは小倉の街。
おっ、この前観た風景だなと思いつつ映画鑑賞してたので、銀座に見えなくて困った。
まあご愛敬だな。



タグ:映画
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

SMAPベストアルバム『SMAP 25 YEARS』 [テレビ・映画]

SMAPベストアルバム『SMAP 25 YEARS』を購入しました。

なにげにSMAPファンなんです。

聴いてみての感想は、スマップって歌は下手だなあ。(笑)

smap01.jpg
このアルバムは、ファンからのリクエスト上位の50曲がCD3枚に収められています。

ベスト50だというのに、半分は聴いたことがない曲でした。

そもそも1位 「STAY」、2位 「オレンジ」を聴いたことがないんです。
よくもまあボク自信、SMAPファンなんて、言えたもんです。
頭に「なにげに」とつけといて良かった。

ボクが好きな曲は「君色思い」です。

若い頃、かなり体調を崩し、1か月ほど仕事を休んでいたことがありました。
その後、復帰しても、体調は思わしくなく、残業を免除され、5時終業後まっすぐ家に帰り、ごろりと寝転がる毎日。
テレビでニュースを見る気分にもなれず、気晴らしにみていた夕方やっていたアニメが「赤ずきんチャチャ」。
このアニメの主題歌が「君色思い」でした。
このときは、この曲を聴きながら、曲に励まされていた記憶があります。
「君色思い」は、やさしい声の出だしで、どんどん明るい曲調になっていくいい曲です。

客観的に見ると、スマップの代表曲は「世界に一つだけの花」とかが妥当なんだろうけど、「なにげファン」のボクでさえ、自分のベストには代表曲とは少し言い難い「君色思い」を推す。
これらファンの集大成が、今回のベスト50となったと思うと、興味深いですね。
多くのファンの気持ちを噛みしめながら、このベストアルバムを聴きたいと思います。

スマップありがとう。

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: CD





タグ:音楽
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

映画「聖の青春」 [テレビ・映画]

映画「聖の青春」を11月23日に観ました。

「聖の青春」の内容については、先日小説の方の感想をブログ記事にしました。
【関連記事:聖の青春 2016.11.22】

今回は映画版の感想です。

ひとことで言えば、
村山聖(松山ケンイチ)と羽生善治(東出昌大)のボーイズラブ映画ですね~。(笑)
そう表現したくなるほど、二人の関係は深い繋がりがあるように思えました。

「友情」とか「ライバル」とか、そんな言葉では表せられない、関係です。

小説版は、ドキュメンタリーを読んでいる感じで面白味に少し欠けていましたが、映画版は羽生善治との対決を軸に描かれ、面白かったです。

村山(松山ケンイチ)も羽生(東出昌大)もビジュアル的に似せてきてます。
しかし、似せ過ぎかもしれません。
モノマネを見せているように感じるシーンもありました。

松山、東出は、実際の棋士のしぐさを似せることを気にせず、彼ら自身の素の演技でも良かったのではないかとも思いました。



タグ:映画
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

映画「シン・ゴジラ」 [テレビ・映画]

8月11日に「シン・ゴジラ」を観ました。

感想です。
どうやって撮影したんだろ。
これが、まず思ったこと。
CGなんだろうけど、うますぎる。
リアルすぎるんです。
ゴジラが動き回るだけなんだけど、目的もなく動き回る、意図が見えず動き回るって、怖いことだと思いました。
ゴジラの第1作を現代の技術で撮るとこんなんかなという感じでしたね。
映画は、前半はぐいぐい引き込まれました。
後半、ゴジラのシーンが減って失速した印象。
人間ドラマのシーンが間延びしたような感じかね。

この映画で不満な点は、長谷川博己と竹野内豊の役が政治家に見えなかったこと。
ボクは、映画の中盤まで、二人は事務方だと思っていました。
事務方の意見が政治家に通じないみたいな印象だったのに、あなたも政治家だったのねって感じかな。

総合的には、面白かった。
日本の映画技術って、こんなに凄いと感じさせる作品ですよ。
みなさんにもお勧めします。



タグ:映画
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

映画「ちはやふる 下の句」 [テレビ・映画]

ゴールデンウィークは何をしようかな。
ゴールデンウィーク(GW)とは、映画業界が宣伝のために使い始めた用語らしい。
NHKでは、GWは用いず、春の大型連休と言っているとか。

映画業界が、言い始めたGW。
じゃあ、やっぱり映画だよねということで、観てまいりました。
映画「ちはやふる 下の句」
観に行ったのは、4月30日(土)。
公開2日目という気合の入れようです。(笑)
「上の句」は公開3日目に観に行きました。

ボクは、原作のファンなんです。
そして「上の句」が、ボクとしては100点満点のできだったので、「下の句」も今や遅しと観てきました。
【関連記事:映画「ちはやふる 上の句」2016.04.05】

感想を書きます。
ネタバレを含みます。
続きを読まれる方は、ご注意ください。


続きを読む


タグ:映画
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | - テレビ・映画 ブログトップ