So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

血統だけで推すフェブラリーS 2017.02.19 [予想]

今年になって初めての予想。

忙しくて忙しくて、予想をさぼっています。

馬名のみで失礼します。

2月19日(日)

東京11R フェブラリーS(G1) ダ1600

10番 カフジテイク (プリサイスエンド)



以上、各レース、単勝1点 複勝1点、計2点×1R 合計2点勝負です。



タグ:予想
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

大人の社会見学 2017 [旅行]

所用で東京に行ってきました。
行ったのは、1月21~22日。
残念ながら競馬遠征ではありません。

その用事の合間に、大人の社会見学をしてきました。
まず行ったのは迎賓館 赤坂離宮です。
迎賓館は、外国の国家元首などの国賓を迎え入れたときに、接遇を行う施設で、今回行きました赤坂迎賓館は2016年から通年で一般公開されるようになりました。
通常は予約が必要らしいのですが、ホームページを見ましたら、1月は予約なしで(有料ですが)、見学できると書いてあったので、行ってみることにしました。

行ってびっくりしたことは、手荷物検査の厳しさでした。
空港と同レベルの手荷物検査があります。
エックス線らしき機械に荷物は通しますし、金属探知機らしきゲートをくぐります。
ペットボトルなどの飲料水は、未開封のものは良いですが、開封されていると、検査官の前でひとくちふたくち飲んで見せないといけないそうです。
入場する前に、手荷物検査に時間がかかりますので、入場口は行列になります。
ボクが行ったのは10時開門で、10時に到着したのですが、実際に手荷物検査の順番が来たのは、10時30分でした。
これから行かれる方は、手荷物は少なめで行くことをお勧めします。

otona01.jpg
建物内は撮影禁止ですが、庭から外観を撮影することはできますので、カメラやスマホも持ち込めます。
また建物内は、調度品だけでなく壁なども手に触れる行為は禁止です。
唯一触ってもいいものは、階段の手すりだけと、係員が説明していました。

迎賓館の感想は、豪華絢爛でため息ばかり、といったところですね。
4部屋見ることができましたが、豪華なんですが、各部屋モチーフが違うようで、いろんな国(ヨーロッパ)のいいとこどりの飾りつけのようでした。
西洋人からみたら、所詮モノマネと思われるかもしれませんねえ。

和風別館があるらしいのですが、こちらは予約抽選だそうで、なかなかの競争率らしいですよ。
これぞ日本のもてなしというものが、見られるのかもしれませんね。
機会があればみてみたいです。

次に行きましたのは、東洋文庫です。
東洋文庫は、JR駒込駅から歩いて15分ぐらいのところにある東洋学の専門図書館です。
瀬木あおいさんが、ブログで紹介されているのを見て、行ってみたいと思ったのがきっかけですね。

otona02.jpg
この写真、うまく撮れていません。
実際には、もっと黄色がかった光でライトアップされていて、きれいな図書館です。
写真撮影は自由ですが、勝手に手にとって本を読むことはできません。
図書館と書きましたが、ボクの見学した印象では、「書架」を見学する美術館です。
書架を眺めるだけです。
でも、ボクが今までみた図書館のなかで、最もきれいな図書館だと思います。
一見の価値ありです。

駆け足でしたが、大人の社会見学は満足でした。
みなさまにはお勧めします。
また、普段行かないようなところを探して行きたいと思います。



タグ:旅行 東京都
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬